20代におすすめのニキビケア方法

20代になってから出来るニキビの原因には、同じ場所に繰り返しニキビが出来る事があります。

これは1度ニキビが出来た部分の肌の回復力が弱っているためで、ニキビの炎症が治まったと思ってもその付近の毛穴や角質は肌の乾燥により必要な皮脂分泌が少なくてバリア機能が弱くなります。

健康な肌に比べると、ニキビが出来やすい状態のままになります。特に乾燥しやすい頬や口周りにはバリア機能が低下しやすく、繰り返すニキビが出来やすいのです。ニキビを繰り返さないためには、アクネ菌の栄養となる毛穴の中の皮脂の汚れをニキビ用の洗顔料で取り除く事です。

徹底した保湿ケアを行う事で、肌力をアップ出来ます。肌の回復力をアップさせるためには、肌の万能薬と言われるニキビの炎症に効果的なビタミンCは浸透させるのでプラスアルファのケアとして非常に大切です。20代のニキビを予防するには、界面活性剤だらけの肌が乾燥しやすい刺激の強い洗顔をやめて毛穴の奥まで入り込んで汚れを吸着するタイプの洗顔料や古い角質を落とす事の出来る洗顔料を使用します。

水分補給の保湿だけではなく、肌に水分を留める保湿成分を補給出来る保湿ケアも行います。また、ニキビケアに有効な肌に浸透するビタミンCも補給しましょう。

アルバニアホワイトニングクリーム申し込む

コメントは閉じられましたが、トラックバックとピンバックは受付けます。